川口一晃の仮想通貨テクニカル分析

川口一晃(かわぐち・かずあき)

金融ジャーナリスト、経済評論家。1986年より11年間、ファンドマネージャーを務める。現在はテレビ、ラジオなどレギュラー多数。月9などのドラマの監修にも従事。著書も多数。

ホームページ

コレモニナカノ円

ブログ

コレモニナカノ円

メルマガ・セミナー

メルマガ
メルマガ

書籍

トレトレブログ

トレトレおすすめブログ

5月10日 仮想通貨(ビットコイン・イーサリアム・リップル)テクニカル分析

  • はてなブックマーク

「再び上昇」

前回のレポートでは、B点に注目した。B点が位置するペンタゴンのど真ん中の時間帯を通過することで、新しい動きが出るのか否かがポイントになったからだ。

実際には、B点を通過直後に上値を抑えられる動きにとなったのだが、C点が位置する時間帯より再び上昇に転じD点水準に到達した。

次の注目日は5月15日前後である。

A点水準:約75万円
B点水準:約61万円
C点水準:約50万円
D点水準:約65万円
E点水準:約90万円

ビットコインチャート

今週のポイントはどこまで上昇が続くのかということである。

<あくまでも個人的見解>
D点に注目したい。

D点が位置する時間帯にD点に引き寄せられた。したがって、D点が位置する時間帯が変化日となり新しい動きが出るのか否かがポイントになるからだ。

このまま堅調な展開が続くのであれば、DEラインに絡みながら高値水準を探る展開となろう。逆に、上値の重たい展開になるのであれば、右肩下がりのDFラインを意識する動きが考えられる。

(現在のシナリオ)
堅調な展開が続いている。D点が位置する時間帯を通過直後も陽線が続いている。そして、上値抵抗線として位置しているDFラインをも越えてきたからだ。
この場合、70万円台乗せからA点水準が上値の第1メドか。

(第2シナリオ)
上値の重たい展開に移行する可能性も残っている。D点が位置する時間帯が変化日となり、流れが変わる可能性があるからだ。 この場合、DFラインを意識した動きから60万円を割り込んでいくことになろう。

<一目均衡表>
ビットコインチャート

堅調な展開が続いている。右肩上がりの雲に沿って推移していることに加え、遅行スパンも26日前のローソク足の上方を推移しているからだ。

「節目を越えるか」

前回のレポートでは、ABラインに注目した。右肩上がりのABラインに到達することで、節目を越えて堅調な展開が鮮明になる可能性があったからだ。

実際には、ABラインを割り込み、しかも節目のBDラインを越えることは出来ずに推移をしている。

次の注目日は5月20日前後である。

A点水準:約2万円

イーサリアムチャート

今週のポイントは節目を越えることが出来るのか否かということである。

<あくまでも個人的見解>
BDラインに注目したい。

このBDラインはイーサリアムの大きな節目になっている。この節目を越えることが出来るのか否かは重要である。
越えることが出来れば一気に強気が広がるのだが、越えることが出来ないのであれば再び軟調な展開に移行していくことになろう。

(現在のシナリオ)
底堅い動きは維持している。下値支持線と期待されたABラインを割り込んだ後も値を大きく下げることなく推移をしている。また、B点が位置する時間帯を通過した後もわずかではあるが価格水準を上げてきているからだ。
この場合、BDラインを越えて行くことが期待される。

(第2シナリオ)
上値の重たい展開に移行する可能性もある。上値抵抗線BDラインを越えることが出来ない。そして、C点が位置する時間帯が変化日となり、流れが変わる可能性があるからだ。

<一目均衡表>
イーサリアムチャート

雲の上限を維持し、堅調な展開は保っている。

「上値の重たい展開が続く」

前回のレポートでは、ADラインに注目した。下値支持線として位置しているADラインを割り込むと真下に新しいペンタゴンが描き足され、更に弱気が広がる可能性があったからだ。

実際には、ADラインを割り込むことはなかったが、ADラインにすぐ真上を平行に推移している。

次の注目日は5月15日前後である。

A点水準:約30円
B点水準:約46円

リップルチャート

今週のポイントは上値の重たい展開が続くのかということである。

<あくまでも個人的見解>
B点に注目したい。

ペンタゴンのど真ん中の時間帯にあたるB点を通過した。したがって、このB点が位置する時間帯が変化日となり流れが変わるのか否かがポイントになるからだ。

(現在のシナリオ)
上値の重たい展開が続いている。下値氏支持線ABラインを割り込んだ後は右肩下がりの展開が続いている。また、上値抵抗線BDラインも控えているからだ。 この場合、ADラインを割り込む可能性がある。割り込むと弱気が広がることから、要注意である。

(第2シナリオ)
下げ止まりから堅調な展開に移行する可能性はある。B点が位置するペンタゴンのど真ん中の時間帯を通過することで流れが変わる可能性がある。また、下値支持線ADラインも控えているからだ。

<一目均衡表>
リップルチャート

軟調な展開が続いているのがわかる。雲から下放れる動きが続いているからだ。

  • はてなブックマーク
【FINTECH-asp】

4月26日 仮想通貨(ビットコイン・イーサリアム・リップル)テクニカル分析

  • はてなブックマーク

「ど真ん中の時間帯を通過」

前回のレポートでは、A点に注目した。A点が位置する時間帯を通過することで、新しい流れが出るのか否かがポイントになったからだ。

実際には、A点を通過した後も緩やかながらも値を上げ、60万円台を回復した。

次の注目日は5月2日前後である。

A点水準:約50万円
B点水準:約75万円
C点水準:約61万円
E点水準:約65万円

ビットコインチャート

今週のポイントは流れが変わるのか否かということである。

<あくまでも個人的見解>
C点に注目したい。

ペンタゴンのど真ん中の時間帯に到達したのだが、このC点が位置するど真ん中の時間帯が変化日となり流れが変わるのか否かがポイントになるからだ。

(現在のシナリオ)
堅調な展開が続いている。A点が位置する時間帯を通過した後も上昇が続いている。また、下値支持線ADラインおよびDEラインが控えているからである。
この場合、BEライン越えから70万円台を目指すことが期待出来よう。

(第2シナリオ)
上値が重たくなる可能性も残っている。C点が位置する時間帯が変化日となり流れが変わる可能性がある。しかも、直近、陰線が出現しているからである。
この場合、ADライン割れから40万円台に戻ることが考えられよう。

<一目均衡表>
ビットコインチャート

雲の上方を推移し堅調な展開が続いている。ただし、遅行スパンが26日前のローソク足に接近している。

「節目が効いている」

前回のレポートでは、B点に注目した。B点が位置するペンタゴンのど真ん中の時間帯を通過することで新しい流れが出るのか否かがポイントになるからだ。

実際には、B点を通過した後も節目であり上値抵抗線でもあるACラインの真下の水準で横這いが続いている。

次の注目日は4月26日前後と5月1日前後である。

A点水準:約2万円

イーサリアムチャート

今週のポイントは節目を越えることが出来るのか否かということである。

<あくまでも個人的見解>
BCラインに注目したい。

右肩上がりのBCラインに到達する。このBCラインに沿って推移することが出来れば、節目の水準であるACラインを越えて行くことができるからだ。
逆に、ACラインを越えることが出来ないと次第に上値の重たい展開に移行することになろう。

(現在のシナリオ)
底堅い動きが続いている。ペンタゴンのど真ん中の水準であるB点を通過した後も下落することなく、ACラインに沿って推移している。また、下値支持線BCラインが控えているからである。
おの場合、ACラインを越えて2万円台に乗せることを期待したい。

(第2シナリオ)
上値の重たい展開に移行する可能性も残っている。C点が位置する時間帯を通過することで流れが変わる可能性がある。また、ACラインを越えることが出来ない時間が長くなってきているからだ。
この場合は1万円台前半を試すこととなろう。

<一目均衡表>
イーサリアムチャート

早晩、遅行スパンが26日前のローソク足に到達する。そこでの値動きに注目をしたい。

「下値を試すのか」

先週のレポートでは、A点に注目した。A点が位置する時間帯を通過することで、流れが変わるのか否かがポイントになったからだ。

実際には、A点が位置する時間帯を通過した後も値を下げ、下値支持線と期待されたACラインをも割り込んできた。

次の注目日は4月29日前後である。

A点水準:約30円
B点水準:約55円

リップルチャート

今週のポイントは下値を試す動きとなるのか否かということである。

<あくまでも個人的見解>
ADラインに注目したい。

下値支持線として期待されたACラインを割り込んだことで、次の下値支持線であるADラインが注目される。つまり、ADラインを割り込むとペンタゴンが真下に描き足され、安値更新から更に弱気が広がることになるからだ。

(現在のシナリオ)
上値の重たい展開になっている。A点が位置する時間帯より下落が続いている。下値支持線と期待されたABラインおよびACラインを割り込んできているからである。
この場合は30円台割れの可能性も出てくる。

(第2シナリオ)
堅調な展開に移行する可能性も残っている。下値支持線ADラインが控えている。B点が位置する時間帯が変化日となり、流れが変わる可能性があるからだ。
この場合、40円台を回復することを期待したい。

<一目均衡表>
リップルチャート

雲の下限を割り込んでしまうのか否かの正念場を迎えている。

  • はてなブックマーク
【FINTECH-asp】

4月19日 仮想通貨(ビットコイン・イーサリアム・リップル)テクニカル分析

  • はてなブックマーク

「節目の手前でもち合い」

前回のレポートでは、B点に注目した。B点が位置する時間帯を通過することで、新しい流れが出るのか否かがポイントになったからだ。

実際には、B点が位置する時間帯に陰線が出現し、押し目を形成。その後は50万円台後半でのもち合いが続いている。

次の注目日は4月24日前後である。

A点水準:約50万円
B点水準:約65万円
D点水準:約75万円
E点水準:約61万円

ビットコインチャート

今週のポイントは節目を越えて行くことが出来るのか否かということである。

<あくまでも個人的見解>
C点に注目したい。

直近、C点が位置する時間帯に到達した。したがって、C点が位置する時間帯が変化日となり、新しい流れが出るのか否かがポイントになるからだ。

(現在のシナリオ)
堅調な展開が続いている。上値抵抗線BCラインを越えてきた。また、下値支持線CFラインの上方を推移しているからである。
この場合、E点水準を試す可能性がある。

(第2シナリオ)
上値が重たくなる可能性は残っている。B点が位置する時間帯に陰線が出現した後より伸び悩んでいる。また、C点の時間的位置が変化日になる可能性があるからだ。

<一目均衡表>
ビットコインチャート

雲の上方を推移していることに加え、遅行スパンがローソク足に接近するにも時間があることから、底堅い動きが続くことを期待できよう。

「上値の壁は厚い」

前回のレポートでは、ACラインに注目した。上値抵抗線でもあり、上値の節目の水準でもあるACラインを越えて行くことが出来るのか否かがポイントになっていたからだ。

実際には、ACラインを越えて行くことは出来ず、上値を抑えられている。

次の注目日は4月20日前後である。

A点水準:約2万円

イーサリアムチャート

今週のポイントは新しい流れが出るのか否かということである。

<あくまでも個人的見解>
D点に注目したい。

今週末にD点が位置するペンタゴンのど真ん中の時間帯を通過する。したがって、D点が変化日となり新しい流れが出るのか否かがポイントになるからだ。

(現在のシナリオ)
底堅い動きが続いている。上値抵抗線CDラインを越えていた後は値を下げることなく推移している。また、下値支持線DEラインが控えているからである。
この場合、上値抵抗線CEラインを越えて行くことを期待したい。

(第2シナリオ)
上値の重たい展開に移行する可能性はある。上値抵抗線CEラインが存在している。また、D点が位置するペンタゴンのど真ん中の時間帯が変化日となる可能性があるからだ。
この場合。1万円台前半を試す動きになっていこう。

<一目均衡表>
イーサリアムチャート

ここでは、雲の水準に注意をしていきたい。

「押し目完了か」

先週のレポートでは、ABラインに注目した。上値抵抗線ABラインに到達することで流れが変わるのか、それともABラインに沿って軟調な展開になっていくのかがポイントになった。

実際には、ABラインに接近するまでは値を下げてきたのだが、ABラインに到達すると反発している。

次の注目日は4月25日前後である。

B点水準:約30円
C点水準:約55円

リップルチャート

今週のポイントは押し目完了から上昇かということである。

<あくまでも個人的見解>
B点に注目したい。

B点が位置する時間帯を通過する。そのB点が位置する時間帯で陽線が出現していることから、押し目が完了し堅調な展開が鮮明になっていくのか否かがポイントになるからだ。

(現在のシナリオ)
底堅い動きは維持している。下値支持線BCラインが存在している。また、BCラインを割り込んでもBDラインが控えている。そして、B点が位置する時間帯に陽線が出現しているからである。
この場合、40円台乗せから40円台を固める動きに期待をしたい。

(第2シナリオ)
上値の重たい展開に移行する可能性がある。A点が位置する時間帯より下落に転じているからである。
この場合、B点水準を試す動きになっていこう。

<一目均衡表>
リップルチャート

雲のねじれの位置を通過していくことから、流れの変化に注意をしたい。

  • はてなブックマーク
【FINTECH-asp】

4月12日 仮想通貨(ビットコイン・イーサリアム・リップル)テクニカル分析

  • はてなブックマーク

「堅調な展開を維持できるか」

上値抵抗線であったADラインを越えた後は堅調な展開が続いている。

上値抵抗線から下値支持線に転換したADラインを維持することが出来るのか否かに注目したのだが、実際にはADラインではなく右肩上がりのACラインに平行に推移しているのが印象的である。

次の注目日は4月17日前後である。

A点水準:約50万円
B点水準:約65万円

ビットコインチャート

今週のポイントは流れが変わるのか否かということである。

<あくまでも個人的見解>
C点に注目したい。

直近、C点が位置する時間帯を通過する。したがって、C点が位置する時間帯が変化日となり、流れが変わるのか否かがポイントになるからだ。 特に、同事線に似た小さなローソク足が出現していることから、注意をしたい。

(現在のシナリオ)
堅調な展開が続いている。下値支持線と期待されているADラインの上方を推移している。B点が位置する時間帯を通過した後も底堅い動きを見せているからである。

(第2シナリオ)
上値の重たい展開に移行する可能性も残っている。C点が位置する時間帯が変化日となり、流れが変わる可能性がある。しかも、直近のローソク足も上ヒゲが長い形になっている。また、上値抵抗線CDラインが控えているからである。

<一目均衡表>
ビットコインチャート

雲の上方を推移している。ただし、遅行スパンが雲のねじれの位置を通過していくので、相場の流れには注意をしたい。

「上値抵抗線が効いている」

先週のレポートでは、ADラインに注目した。上値抵抗線であるADラインを越えることが出来るのか否かがポイントになったからだ。

実際には、ADラインに到達するも、終値で越えて行くことは出来ないでいる。

次の注目日は4月20日前後である。

A点水準:約2万円

イーサリアムチャート

今週のポイントは上値抵抗線を越えることが出来るのか否かということである。

<あくまでも個人的見解>
ADラインに注目したい。

底堅い動きを見せているものの、上値抵抗線ADラインを越えて行くことが出来ないのであれば、いずれ上値の重たい展開に戻ってしまうことになるからだ。

ADラインの下方で足踏み状態が続くだけに、ADラインを突破することが出来るのか否かは重要である。

(現在のシナリオ)
底堅い動きが続いている。B点が位置する時間帯より上昇に転じている。また、C点を通過した後も下げることなく推移しているからである。

ここではADラインを越えることが出来るのか否かにかかっている。

(第2シナリオ)
上値の重たい展開に移行する可能性がある。D点が位置する時間帯を通過することで流れが変わる可能性がある。上値抵抗線ADラインが存在している。そして、右肩下がりのDEラインも控えているからだ。

<一目均衡表>
イーサリアムチャート

薄い雲の中から上放れたことは評価できるのだが、もち合いから上放れた上昇エネルギーにしては力強さに欠けている。

「上値抵抗線を越えたものの」

先週のレポートでは、ACラインに注目した。堅調な展開が続くのであれば、右肩下がりで上値抵抗線として存在しているACラインを越えて行くことが求められたからだ。

実際には、ACラインを越えたのだが、その後はほぼ横ばいとなっている。

次の注目日は4月17日前後である。

A点水準:約48円
C点水準:約30円

リップルチャート

今週のポイントは堅調な展開を維持することが出来るのかということである。

<あくまでも個人的見解>
BCラインに注目したい。

早晩、上値抵抗線BCラインに到達する。したがって、堅調な展開が続くのであればBCラインを越えて行くことが考えられるのだが、上値の重たい展開に移行するのであれば右肩下がりのBCラインに沿って推移していく可能性があるからだ。

(現在のシナリオ)
底堅い動きが続いている。上値抵抗線ACラインを越えてきている。また、B点が位置する時間帯を通過した後も底堅く推移しているからだ。

(第2シナリオ)
上値の重たい展開に移行する可能性も残っている。上昇した後に価格が伸びていないことに加え、上値抵抗線BCラインが控えているからだ。

<一目均衡表>
リップルチャート

雲の上限をブレイクして、雲の上方を推移している。底堅さを示している。ただし、雲のねじれの位置が接近していることに注意はしたい。

  • はてなブックマーク
【FINTECH-asp】

4月5日 仮想通貨(ビットコイン・イーサリアム・リップル)テクニカル分析

  • はてなブックマーク

「節目を突破」

前回のレポートでは、AEラインに注目した。上値抵抗線として存在していたAEラインを越えて上昇に転じることが出来るのか、それとも、AEラインに沿って軟調な展開になるのかがポイントになったからだ。

実際には、AEラインを越えた直後より上昇力が高まり、上値抵抗線でもあり節目でもあったADラインを突破し、50万円台に乗せてきた。

次の注目日は4月12日前後である。

A点水準:約50万円
C点水準:約65万円

ビットコインチャート

今週のポイントは下値の節目を維持することが出来るのかということである。

<あくまでも個人的見解>
ADラインに注目したい。

上値の節目を越えると、その節目が下値支持線になる。したがって、ADラインを維持することが出来るのか否かがポイントになるからだ。
ADラインを維持している限りにおいては堅調な展開が続くのだが、割り込んでしまうと再び上値の重たい展開へと移行する。

(現在のシナリオ)
堅調な展開が続いている。上値の節目であるADラインを越えてきたことは大きい。つまり、久しく上値抵抗線になっていたADラインを越えることが出来たということは、新しい動きに移行したとい評価できるからだ。
この場合、C点水準を目指すのが理想的な動きとなる。

(第2シナリオ)
上値の重たい展開に移行する可能性も残っている。上値抵抗線ACラインに到達すると同時に上ヒゲの長いローソク足を示現している。しかも、それがB点が位置する時間帯と一致するだけに流れが変わる可能性があるからだ。
この場合、ADラインを維持できるか否かに注目である。

<一目均衡表>
ビットコインチャート

雲の上方を推移。この後も雲の上限を維持できるのか否かがポイントになる。

「節目を越えられるか」

前回のレポートでは、B点に注目した。B点が位置する時間帯を通過することで、新しい流れが出るのか否かがポイントになったからだ。

実際には、B点が位置する時間帯を通過した直後より上昇に転じ、上値抵抗線ADラインに到達した。

次の注目日は4月7日前後である。

A点水準:約2万円

イーサリアムチャート

今週のポイントは上値の節目を越えることが出来るのか否かということである。

<あくまでも個人的見解>
ADラインに注目したい。

ADラインを割り込んで以降、ADラインが節目となり、狭いレンジでの展開が続いている。したがって、上値抵抗線であるADラインを越えることが出来るのか否かがポイントになる。

(現在のシナリオ)
堅調な展開が鮮明になる可能性はある。B点が位置する時間帯より上昇に転じている。また、直近の高値を越えて、年初来高値を更新しているからである。

(第2シナリオ)
上値の重たい展開に移行する可能性も残っている。上値抵抗線ADラインが効いている。しかも、ADラインの真下で同事線が出現している。そして、C点が位置する時間帯が変化日となる可能性があるからだ。

<一目均衡表>
イーサリアムチャート

ようやく雲から放れる動きとなった。この雲の上限を維持することが出来るのか否かがポイントになる。

「動き始めた」

前回のレポートでは、ADラインに注目した。下値支持線ADラインを維持することが出来るのか否かがポイントになったからだ。

実際には、そのADラインに接近することなく上放れ、上値抵抗線であるBDラインに到達した。

次の注目日は4月17日前後である。

A点水準:約30円
B点水準:約48円

リップルチャート

今週のポイントは堅調な展開が続くのかということである。

<あくまでも個人的見解>
BDラインに注目したい。

堅調な展開が続くのであれば、上値抵抗線として存在しているBDラインを越えて行くことが求められるからだ。

(現在のシナリオ)
堅調な展開となっている。下値支持線ADラインを割り込むことなく、しばらく続いたもち合いを上放れているからである。
この場合、BDラインを越えて、B点水準を窺う動きが理想的である。

(第2シナリオ)
上値の重たい展開に移行する可能性も残っている。上値抵抗線BDラインが効いている。しかも、そのBDライン上で同事線が出現している。そして、C点が位置する時間帯を通過するからである。

<一目均衡表>
リップルチャート

雲を上放れた。したがって、雲の上限が下値支持線となることが期待される。

  • はてなブックマーク
【FINTECH-asp】

▲ TOPへ戻る

スマホサイトを表示