川口一晃の仮想通貨テクニカル分析

川口一晃(かわぐち・かずあき)

金融ジャーナリスト、経済評論家。1986年より11年間、ファンドマネージャーを務める。現在はテレビ、ラジオなどレギュラー多数。月9などのドラマの監修にも従事。著書も多数。

ホームページ

コレモニナカノ円

ブログ

コレモニナカノ円

メルマガ・セミナー

メルマガ
メルマガ

書籍

トレトレブログ

トレトレおすすめブログ

1月25日 仮想通貨(ビットコイン・イーサリアム・リップル)テクニカル分析

  • はてなブックマーク

「もち合い続く」

先週のレポートでは、A点に注目した。A点が位置するペンタゴンのど真ん中の時間帯を通過することで、新しい流れが出るのか否かがポイントになったからだ。

実際には、大きく動くことなく横這いが続いている。

次の注目日は1月26日前後である。

A点水準:約50万円
C点水準:約25万円

ビットコインチャート

今週のポイントはもち合いが続くのか、それとも大きく動き出すのかということである。

<あくまでも個人的見解>
B点に注目した。

週末にB点が位置する時間帯を通過する。したがって、B点の時間的位置が変化日となり流れが変わるのか否かがポイントになるからだ。

逆に、軟調な展開が続くのであれば、安値更新から30万円台前半を試す動きになっていこう。

(現在のシナリオ)
軟調な展開は続いている。A点が位置する時間帯を通過した後も上昇することなく横ばいとなっている。また、上値抵抗線ACラインが控えているからである。

(第2シナリオ)
堅調な展開に移行する可能性は残っている。B点が位置する時間帯を通過することで新しい流れが出る可能性がある。また、上値抵抗線ABラインも超えてきているからである。

<一目均衡表>
ビットコインチャート

雲の下限が上値抵抗線になっているのがわかる。まずはこの雲の中に入ることが出来るのか否かに注目である。

「上値抵抗線に挑戦」

先週のレポートでは、ACラインに注目した。堅調な展開になるのであれば、上値抵抗線であるACラインを越えていくことが求められたからだ。

実際には、ACラインを超えることはなく、横這いとなっている。

次の注目日は1月27日前後である。

A点水準:約2万円

イーサリアムチャート

今週のポイントは上値抵抗線を越えていくことが出来るのか否かということである。

<あくまでも個人的見解>
ACラインに注目したい。

右肩下がりのACラインに接近している。もち合いが続いていることから、このACラインに沿って下落することも十分に考えられる。

逆に、ACラインに到達することで流れが変わり上昇に転じる可能性も残ってはいる。いずれにしても、このACラインに到達する週末の動きには注目したい。

(現在のシナリオ)
上値の重たい展開が続いている。B点が位置する時間帯を通過した後も横ばいが続いている。また、上値抵抗線ACラインが控えているからである。

(第2シナリオ)
流れが変わる可能性も残っている。図には示していないが、注目時間帯(1月27日)を通過する。したがって、その時間帯が変化日となり流れが変わる可能性があるからだ。

<一目均衡表>
イーサリアムチャート

雲を割り込んでしまうのか、維持することが出来るのか、まさしく正念場である。

「ど真ん中の時間帯を通過」

先週のレポートでは、ACラインに注目した。下値支持線として位置しているACラインを維持することが出来るのか否かがポイントになったからだ。

実際には、横這いの動きが続き、ACラインの上方を推移している。

次の注目日は1月31日前後である。

A点水準:約30円
B点水準:約45円

リップルチャート

今週のポイントはペンタゴンのど真ん中の時間帯を通過することで、新しい流れが出るのかということである。

<あくまでも個人的見解>
B点に注目したい。

ペンタゴンのど真ん中の時間帯のB点に到達した。したがって、新しい流れが出るのか否かがポイントである。

特に、もち合いが続き、エネルギーが溜まっているだけに注目したい。

(現在のシナリオ)
上値の重たい展開が続いている。上値抵抗線BCラインが控えている。上昇することなく横這いとなっているからである。

(第2シナリオ)
上昇に転じる可能性も残っている。ペンタゴンのど真ん中の時間帯であるB点を通過することで新しい流れが出る可能性があるからだ。また、下値支持線ACラインの上方を推移している。

<一目均衡表>
リップルチャート

転換線、基準線の下方を通過している。まずは、転換線を越えていくことが出来るのか否かがポイントになる。

  • はてなブックマーク
「令和元年、大暴落に備えよ!」アメジスト香港 特別セミナー 【FINTECH-asp】

1月18日 仮想通貨(ビットコイン・イーサリアム・リップル)テクニカル分析

  • はてなブックマーク

「新しい流れが出るのか」

前回のレポートでは、ACラインに注目した。下値支持線ACラインを維持することが出来たのであれば、右肩上がりの形状ゆえに堅調な展開に移行する可能性があったからだ。

実際には、ACラインを割り込み、右下に新しいペンタゴンが描き足され、上値の重たい展開が続いている。

次の注目日は1月26日前後である。

A点水準:約25万円
C点水準:約50万円

ビットコインチャート

今週のポイントは新しい流れが出るのか否かということである。

<あくまでも個人的見解>
C点に注目したい。
Cが位置するペンタゴンのど真ん中の時間帯を通過する。したがって、新しい流れが出てくるのか否かがポイントになるからだ。
堅調な展開に移行するためには、CEラインを超えてC点水準まで到達することが望まれる。

(現在のシナリオ)
下値支持線と期待されたACラインを割り込んでしまっている。B点が位置する時間帯を通過した後も上昇することなく推移している。そして、上値抵抗線CDラインが存在している。したがって、上値の重たい展開が続くことになろう。

(第2シナリオ)
C点が位置する時間帯が変化日となり、流れが変わる可能性がある。ただし、堅調な展開に移行するにはC点水準を超えていく必要がある。

<一目均衡表>
ビットコインチャート

雲の下限、すなわち先行スパン2が上値抵抗線になるのか、それとも超えていくことが出来るのかがポイントになっている。

「上値の重たい展開が続く」

先週のレポートでは、ACラインに注目した。堅調な展開に移行するには、右肩上がりのACラインに沿って推移していくことが求められたからだ。

しかし、実際には、ACラインを割り込み、右下に新しいペンタゴンが描き足され、上値の重たい展開が続いている。

次の注目日は1月22日前後である。

C点水準:約2万円

イーサリアムチャート

今週のポイントはこのまま上値の重たい展開が続くのかということである。

<あくまでも個人的見解>
CEラインに注目したい。
堅調な展開に移行するのであれば、上値抵抗線であるCEラインを超えていくことが必要になるからだ。逆に言えば、超えられない限り上値の重たい展開は続くことになる。

(現在のシナリオ)
下値支持線と期待されたACラインおよびBCラインをあっさりと割り込んでしまっている。また、上値抵抗線CDラインとCEラインが控えていることから、上値の重たい展開が続くことが想定される。

(第2シナリオ)
C点が位置するペンタゴンのど真ん中の時間帯に陰線が出現し、やや下げ止まり感が出てきている。したがって、流れが変わっていく可能性が出てきている。

<一目均衡表>
イーサリアムチャート

雲の下限が下値支持線となり、下げ止まりから落ち付いた動きになるのか否かがポイント。そして、下げ止まるのであれば、雲の上限を超えていくことが出来るのか否か、ということである。

「下値に接近」

先週のレポートでは、B点に注目した。B点が位置する時価帯を通過することで、新しい流れが出るのか否かがポイントになったからだ。

実際には、B点が位置する時間帯にかけて大きく下落し、その後はほぼ横這いとなっている。

次の注目日は1月23日前後である。

A点水準:約30円
C点水準:約45円

リップルチャート

今週のポイントは下値を試す動きになるのかということである。

<あくまでも個人的見解>
ADラインに注目したい。
下値の節目であるADラインを維持することが出来るのか否かがポイントになっている。

ADラインを割り込むと真下に新しいペンタゴンが描き足され、弱気が広がるからだ。

(現在のシナリオ)
B点が位置する時間帯に大きく下落していることに加え、下値支持線ACラインも割り込んできている。したがって、上値の重たい展開が続くことになろう。

(第2シナリオ)
C点が位置するペンタゴンのど真ん中の時間帯が変化日となり、流れが変わる可能性がある。この場合、少なくとも上値抵抗線CDラインを超えていくことが求められる。

<一目均衡表>
リップルチャート

雲の下限を超えて雲の中に入ることが出来るのか、それとも、雲の下限が上値抵抗線になるのかがポイントになる。

  • はてなブックマーク
「令和元年、大暴落に備えよ!」アメジスト香港 特別セミナー 【FINTECH-asp】

1月11日 仮想通貨(ビットコイン・イーサリアム・リップル)テクニカル分析

  • はてなブックマーク

「踏みとどまるか」

ビットコインの動きを見ると、p点やA点に表われているように、ペンタゴン内の各交点で流れが変わることが多い。すなわち、各交点が変化日になることが多い、ということである。

直近では、B点が位置する時間帯を通過した後はほぼ横ばいとなっている。

次の注目日は1月17日前後である。

A点水準:約25万円
B点水準:約50万円

ビットコインチャート

今週のポイントは踏み止まりから底堅い動きを見せることが出来るのか否かということである。

<あくまでも個人的見解>
ADラインに注目したい。
右肩上がりで下値支持線となっているADラインを維持することが出来るのか否かがポイントになるからだ。

(現在のシナリオ)
上述したように、B点が位置する時間帯以降は横這いとなっている。また、上値抵抗線BDラインが控えている。よって、上値の重たい展開が続くことが考えられる。 すなわち、ADラインを割り込み、右下に新しいペンタゴンが描き足されることになろう。

(第2シナリオ)
C点が位置する時間帯で陽線が出現している。また、右肩上がりのADラインを維持しながら推移していることから、堅調な展開になっていく可能性も残っている。

<一目均衡表>
ビットコインチャート

こちらも正念場である。雲の中に入っていくことが出来るのか、それとも雲が上値抵抗線となり、下値を試す動きになっていくのか、ということである。

「上値は抑えられる」

A点が位置する時間帯に安値を示現し反発に転じたものの、上昇力は弱く、上値抵抗線BDラインを超えることは出来ずに中段でのもち合いとなっている。

次の注目日は1月16日前後である。

B点水準:約2万円
C点水準:約3万5000円

イーサリアムチャート

今週のポイントはこのまま上値は重たいのかということである。

<あくまでも個人的見解>
BDラインに注目したい。
堅調な展開に移行するのであれば、上値抵抗線として位置しているBDラインを越えていくことが求められるからだ。

換言すれば、BDラインを超えることが出来ないのであれば、上値の重たい展開が続く、ということである。

(現在のシナリオ)
上値抵抗線BDラインが控えている。また、BDラインを越えたとしても上値抵抗線であるCDラインが控えている。よって、上値の重たい展開が続くことになろう。

(第2シナリオ)
ペンタゴンのど真ん中の時間帯に当たるA点より価格水準を上げている。下値支持線ADラインが存在している。よって、堅調な展開に移行していく可能性が出てきた。

<一目均衡表>
イーサリアムチャート

雲の上限を超えていくことが出来るのか、それとも雲の上限が上値抵抗線となるか。まさしく正念場を迎えている。

「新しい流れが出るのか」

p点やq点を見てもわかるように、ペンタゴンの各交点で流れが変わることが多い。

直近では、A点が位置する時間帯に上昇も止まり、横這いとなっている。

次の注目日は1月11日前後である。

B点水準:約30円
C点水準:約55円

リップルチャート

今週のポイントはペンタゴンの交点を通過することで流れが変わるのか否かということである。

<あくまでも個人的見解>
C点に注目したい。
C点が位置する時間帯を通過していく。したがって、C点が位置する時間帯が変化日となり新しい流れが出るのか否かがポイントになる。

堅調な展開に移行するのであれば、CDラインを窺う動きから50円を目指す動きが考えられる。
逆に、上値の重たい展開が続くのであれば、BDラインを割り込みBEライン水準を試す可能性が出てくる。

(現在のシナリオ)
下値支持線として期待されたBCラインを割り込んだ。また、B点が位置する時間帯以降を通過した後も値を上げることなく推移している。したがって、上値の重たい展開が続くことが考えられよう。

(第2シナリオ)
下値支持線BDラインが控えている。そして、C点が位置する時間帯が変化日となり、流れが変わることが期待される。よって、堅調な展開に移行する可能性もある。

<一目均衡表>
リップルチャート

雲の中に入り、雲の上限を目指す動きになることが出来るのか、それとも雲の下限が上値抵抗線になるのか、正念場を迎えている。

  • はてなブックマーク
「令和元年、大暴落に備えよ!」アメジスト香港 特別セミナー 【FINTECH-asp】

▲ TOPへ戻る

スマホサイトを表示